スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローズマリー軟膏 
 
ローズマリー軟膏


あは~~んできた!
ローズマリー軟膏!
とってもきれいなグリーンでローズマリーのエキスと香りがそのまま抽出できました。

ローズマリー軟膏とはなんぞや?と思った方のために簡単な説明を。

早い話がしわとリ軟膏とでも言いましょうか、若返り軟膏ちゅうことらしい。

シワにはビタミンAと言われているらしい。(らしいと言うのは、コスメにはまったく興味がないゆえ受け売りです)
それに匹敵する、いやそれ以上の効果があると言うウルソール酸という成分がローズマリーには含まれているらしく、その成分を抽出して軟膏を作ったら絶対にシワ取りに効果があるはず。
まとめればこんな感じだろうと私なりの解釈です。

しかし、このウルソール酸は融点が高く、ちょっとやそっとじゃ抽出できない。と言う曲者。
無水エタノールで抽出する方法が生み出された。
そして、このエキスはワセリンにしか溶け込まないらしくい。

ワセリンは去年腕がかぶれたときに皮膚科でもらった白色ワセリンがあったので早速作ってみました。

前記事のローズマリーチンキはこのためだったのね。
ウォッカでつけたチンキが茶色くなっておかしいな~と思ったら、ウォッカでは成分が抽出されにくかったためかも。
無水エタノールのそれだけアルコール分が多いということなのかな?


軟膏1

深めの容器(茶碗を使ってみた)にワセリン40グラム、エキス20ccを入れ湯煎にかける。

軟膏2

溶けました。

軟膏3

グルグル、グルグル、ひたすら混ぜる。
とは言うものの、これは、アルコール分を飛ばすためなのか?

軟膏4

10分ぐらいで飽きたので湯煎から取り出し覚めるまで混ぜ続ける。
だんだん元のワセリンの硬さになってきた。
そこに、馬油小さじ1強とホホバオイルを少し入れて完全に溶けたら出来上がり。

これから夏に向けてワセリンのベタベタさ加減にどこまで耐えられるかが問題だけど、しばらく使ってみようかね。

最近は、基礎化粧品はすべて手作りになりました。
化粧水はローズヒップ化粧水。
乳液はヒース入り
クリームは、日焼け防止効果のあるシアバタークリーム。

どこか変わった?と聞かれれば



別にぃ~~~~!なんだけど、安心して使えます。
スポンサーサイト
ヘーヘー! 
 
ローズマリーチンキ

ローズマリー軟膏を作ろうとチンキ抽出中。
右の2つはウォッカで。
翌日には茶色く変色してました。
ハーブが古かったのか?と思い、新しいハーブで2日後に漬けたのが真ん中。
3日で同じように茶色くなりました。

いろんなサイトを見てみると、エタノール抽出がよいと言うのを発見。
ウォッカ抽出でも綺麗なグリーンが出てるのを見たような気がしたんだけど、残り少なくなった貴重なエタノールで漬け込んでみました。
これはきっと、綺麗なグリーンになるはず。

2週間後にはローズマリー軟膏をお目にかけれるかと・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。