スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緑茶石けん #78 
 
緑茶石けん#78


緑茶インフューズド 1ヶ月漬け込みました。
パーム核
パーム
アボカド
OP ホホバ
ROE、ティーツリー、ラベンダー、 緑茶チンキ
また、色落ちして白い石けんになることを懸念してリーフ何とかの粉も入れてみた。

945gバッチ。
アクリル型2本はいつものように保温(ジェル化)。残った生地は常温で放置してみました(ジェル化なし)。

型出しは中々出てくれず仕方ないので冷凍して出しました。
ソープカッターがきれいに切れないので丸ごと乾燥中。

8/22
カットしました。
きれいなグリーン。
今度は色落ちしませんように。
緑茶石けん

続きを読む »

米糠石けん #77 
 
米糠石けん


米油と同量の糠を混ぜ込みました。

参考レシピは
『ちこのアロマ館』の記事からいただいてきました。

全国的に広めてほしいということなので遠慮なくアップさせていただきました。

米糠は姪の嫁ぎ先がお米を作ってるのでそちらから。
500グラムでいいと言ったのに2キロくらい持って来たので、虫がすぐつくので冷凍庫へ。
おかげで冷凍庫がいっぱいいっぱいで、魚の住む場所がなくなりました。

ちこさんのお話だと、泡はほとんど立たないので濡れた身体に直接ゴシゴシするらしい。
翌日はPh8ということで私も計ってみたら8だった。
石けんとしての役割はしないかもしれないけど、滑らかなスクラブになるようです。

カット断面も色も、ちこさんのブログの通りの色で、見栄えがいいとは言えません。

普通なら1本分しかできない石けんが同量の糠を入れたことによって2本もできちゃった。

2ヶ月乾燥させて使えるようになるので秋に石けんを送る予定の方には入れておくね~~。
お楽しみに。
母乳石けん #76 
 
母乳石けん


気がつけば2ヶ月以上石けん作ってなかったw

在庫もたくさんあるし、温度変化が激しくて勢いが低迷してたのよ~~( ̄∀ ̄*)イヒッ

姪の母乳を預かってたのが気になってたのと今月会うことになったので急遽仕込みましたがな。

080709_0936~0001


母乳は冷凍したものをもらったんだけど、ちょっと手間がかかります。
冷凍母乳をまず湯せんで70度まで上げて1分加熱。
常温になったら再び冷凍庫で凍らせる。

ソーダ液を作るときは気をつけないと沸騰するらしいしすごい匂いもするとコミュでみていたのでビクビク

精製水と半量なんだけど、母乳を使い切りたかったので、少々母乳が大目。
苛性ソーダを精製水を合わせて完全に溶かした後でシャーベット状になった母乳を投入。
温度は35度まで下げてオイルに入れました。

080709_0944~0001

色も変色せずきれいな練乳色だし匂いも異様な匂いはナシ。

ベースはマルセイユなので時間かかるからブレンダー使いました。

30分後型入れ
080709_1028~0001


果たして保温してジェル化していいものかどうか迷ったけどジェル化させました。

カットは4日後の13日
見事にジェル化しやわやわの水羊羹になりましたがな・・・
本当はほんのりベージュを期待してたのに、カットした所々には茶色いものが。
トレースに時間がかかりそうで蜂蜜を途中で入れたのが原因か?
画像より全体的に茶色です。
乾燥すると薄くなると思うけど、ジェル化したので肌にはマイルドではないかと思われます。

あ~、もう1回作りたい!

レシピは前田さんの本を参考にしたんだけど、これって水分40%ではないかと思われます。
次は30~35の間で作ってみたい。

コミュサイトでみると、トレース直前に母乳は入れるとのがベストと書いてあったΣ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン!!
そのほうが温度の急上昇も変な匂いも色の変化もないと書いてあった。
でも、私が作った方法でも色の変化も温度の急上昇(沸騰)も匂いもなかったです。

要は母乳を入れるタイミングが問題なんですね。
ローズヒップ石けん#75 
 
DC10、水35
オリーブ、パーム、ココナッツ、馬油(10%)、ひまし油、グリセリン、ROE、ローズヒップティ、ローズヒップチンキ(24g)

#75 ローズヒップ
色はエンジ色

#75ローズヒップ
カットしたら、周りと中の色が違います。

#75ローズヒップ

↑は保温がうまくいかずジェル化しなかった。
型は友達からのプレゼントのシリコンのマドレーヌ型
生地がやわらかすぎて型出しすると型崩れしそうだったので冷凍庫で寝かせて出しました。
ツルンっと気持ちよく出た。
欲を言うなら、高さがあと3ミリあるとよかったかも。
このマドレーヌ型をカットしてみたいけどそれは我慢。中は色が違うのかな・・・

#75ローズヒップIF
オリーブオイルにローズヒップをミルサーで細かく砕いたものを入れて2ヶ月置いたオイル。

#75ローズヒップ
上のオイルに、ローズヒップティのソーダ液をチンキを加えたものを入れてグルグルするとこんな色に。

時間が経つと茶色く変わるかと思ったけど想像通りの色に出来上がりました。

夏用にさっぱり石けんも作りたいけど何も思いつきません。

続きを読む »

馬油入りよもぎ石けん#74 
 
コンフェ


よもぎ石けん#74


先月のお彼岸にお墓参りに行った際、大雨の中、義姉が摘んでくれたよもぎを使って仕込みました。
去年から作ってみたかった石けんの1つです。

水洗いして、葉っぱだけを乾燥させ、ウルトラとオイルインフューズドの2段構え。
ウルトラインフューズドのほうは、透明なきれいな緑色。
オイルに漬け込んだほうは濁った緑色。
投入前

温度計にうっすらと緑色のオイルがついてるのわかりますか?


苛性ソーダ液を投入すると
ソーダ水投入後

こんな色に変わりました。
いつまでも眺めていたいけど、急いで撹拌

たくさん作った

こんなにたくさんできました。
総油量1600グラム
最近は大量生産が多いですね。

馬油を17%いれました。

よもぎ10g

バレンタインデーの時に、だんながもらってきたチョコの容器にちっちゃいのも作って見た!
10gのかわいいのができました♪

アクリルモールドに入れた石けんは型から出てきません。
無理して出すと周りが白く石灰化するので今回はじっと我慢です。

オリーブオイル、馬油、パーム核、パーム、ラード、ROE、よもぎ
馬油100パーセント石けん#73 
 
馬油100%石けん#73


初めての馬油。
大胆にも馬油100%で作ってみました。
馬油は酸化が早いということなので、500グラムバッチと少な目に作ってみました。


馬油

こちらが、馬油2キロ!
熊本の友達母さんにお願いして送ってもらいました。
匂いは、お肉屋さんの匂いがします( ̄□||||!!

分量を量るのに包丁でカットして手で持ち上げると、体温で溶けていく。
ラードのように硬いのかと思いきやヤワヤワ・・・・ちと不安がよぎるんですけど・・・

この匂いが石けんにしたときに匂うかと思うと使う気にならないので、精製水の代わりにハンガリーウォーターを使ってみました。

苛性ソーダをハンガリーウォーターに投入したら、毛糸の焼けた匂いが・・・┌|゜□゜;|┐ガーン!!

オイルとソーダ水の温度は低めのほうがいいかなと思いながらも、いつものようにやっちまった。

トレースが出やしない。
ブレンダー使ってもサラサラのまま。

約1時間、放置したり混ぜたりを繰り返し型入れできました。
ジェル化はしなかったみたい。

カットした切り口を匂ってみたら、まだ少し毛糸の焼けた匂いが残ってまんがな・・・
乾燥するうちに消えていくとは思うけど、乾燥が終わる前に酸化だけはしないでおくれ(^人^)

手についた馬油を洗い流しても、油なので当然落ちないよね。
軽く拭いて他の作業してて気がついた!
手がすべすべ!
匂いもまったくなし。
恐るべし馬油!
女王様の気分を味わえる石けん#72 
 
女王様#72


keinzさんのレシピに載ってる「女王様の気分を味わえる石けん」

前に作ったときに、泡立ちがとても気持ちよかったので友達に薦めました。
今回は、1点の石灰もなく、100パーセント完璧なジェル化しました。

オリーブオイルのラベンダーインフューズドオイルを使いました。


そうそう!
最近、ブレンダーを使うようになりました。
私のは、ブラウンのブレンダー
トレースができるのがとても早くて、温度が下がることなく、型入れできていいです。

さて、次は・・・・
初めての石けんを作ります。
ミントマイカ マルセイユ石けん 71 
 
かわいいパステルカラーのブルーの色を出したくてマイカのミントを購入してみました。

ミントマイカ石けん#71

しかし、オイルのはかり間違いをしてしまったらしいことに、あとで気がついたΣ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン!!
メインのオリーブオイルが70グラム少なかった。
DC10のはずが、4,3%となってしまい先行き不安。

ミントマイカ#71


出来上がりが、1450gと、大量生産(笑)

コンフェ用にハート、星、骨のモールドも使ってみたよ。

ピュアオリーブオイル(カモミールインフューズド) 700
パーム核  180
パーム    120
ミリスチン酸  30
グリセリン   30
REOROE
ミントマイカ 小さじ2

DC4.5
37.5

マイカとは・・・以下、「マンディムーンさん」より抜粋
マイカ(雲母) 手作り化粧品、石鹸の色づけに。
マイカとは、花崗岩や雲母片岩を粉砕して作られる鉱物の一種で、水晶などに含まれるケイ素などの元素(雲母)を主成分としています。
マイカは、ファンデーション、パウダー、アイシャドウ、チーク、口紅などの色材として使われます。粉末にした際にパール光沢のでる素材として、より美しい肌の色や表情を与えるために用いられます。

ウルトラマリンを色付けによく使ってるけど、マイカのほうが断然使いやすいです。
トレースのできた石けん生地に振り入れてよく混ぜると沈殿することなく、きれいに混ざりました。
ウルトラマリンは、別容器に生地を入れてよく混ぜ合わせたものを入れるんだけど、それでも、ダマになって残ります。
でも、マイカはちょっとお高いのが・・・・ね(-。-;)
思ったとおりの色が出たので良しとしましょう。自己満だ~~~!
緑茶石けん70 
 
きれいな色だな~緑茶



3/14
何度か緑茶石けんを作ったけど、最近のは色がうまく出なくて色だけで言えば納得できてませんでした。
今度こそ!と作ったら、今日はきれいな色が


は、最初に作った大量の緑茶石けん
深い緑色でした。
最初に作った緑茶石けん


何が違うんだ?
最初のは、水分を濃い緑茶を使った。
今回は、緑茶はオイルへのインフューズドだけ。
材料はほとんど一緒なのに、白かったり茶色だったり、濃かったり薄かったり・・・

保温が終わったとどんな色になってるか楽しみです

後日へ続く・・・・・




3/16 カット
♯70緑茶石けん


一気にこんなにたくさん作りました。
全部の重さ、2156グラム、25カットの石けんの出来上がり。
いつもの3倍強です。

材料
オリーブオイル(緑茶インフュ)、パーム核、パーム、ココナッツオイル、キャスター、ココアバター、ミリスチン酸
REO ROE、EO
ココアバターは型崩れを防ぎ、皮膚の保湿、保護の役目
キャスターは、保湿力があり、柔らかい泡立ちだそうです

色も、何とか出ました。
コンフェ石けん 69 
 
69コンフェ


こりゃちょっと贅沢石けんになったかな?
ピュアオリーブローズマリーインフューズド&ウルトラ  42,1
アボカド 6,5
マカデミアナッツ 1,2
パーム核    23,9
パーム      23,9
生シアバター   1,2
ココアバター  1,2
REO ROE
ウルトラマリンピンク、ホワイトカオリン
EO ローズマリー

DC 10
精製水 35%
836gバッチ
コンフェは骨っことハート (68のカモハチエゴマ石けん)

注文いただいてるマルセイユと緑茶を作るはずが、なにを思ったか残ってるオイルを使ってみたい衝動に駆られこんな石けん作っちゃいました。

シアバターとココアバターを湯せんにしたとたんに容器が割れた。
もったいな~~い!
すぐさま、お玉ですくい上げ再度使おうかと思ったけど万が一、破片が入ってると大変なので、ココアバターは捨てて、シアバターは別の容器に入れました。
あとで、クリームにでもしよう。

かわいいピンク色にするつもりが、保温したらきちゃない色に変身(ノ゜⊿゜)ノあうぅ!!
ジェル化してないところはかわいいピンクだけど、中は紫がかってる。
クレイの混ぜ残しもあるし。。。。
でも、コンフェはいい感じじゃない?

真っ白い石けんは、米油かひまわり油がいいのかな?
ジェル化させないほうがいいのかな・・・・

使い心地はいかがなものか・・・・出来上がりが楽しみなような不安なような。


インフューズドオイル

姪がシロップのかわいい瓶をくれたので、ハーブを漬け込んでみました。
左から、シトラス&アップル、ラベンダー、緑茶、ローズヒップ
緑茶はグリーンに変わってきたし、ローズヒップはほんのり赤みがかかってきました。

チンキ

こちらは先日記事に少し書いた「チンキ」
「チンキ」とは『生薬を植物からアルコールなどを使って抽出した、濃縮エキスである。』
このエキスをお湯やお水で割って飲んだり、化粧水に使ったりと用途は色々あるようです。
アルコールは40度のウォッカを使いました。
無水エタノールより値段も安いし、量も多い。
経済的にも安い。
それに、飲むとお肌にもよいらしい。

左から、カモミール、ヒース、緑茶、ローズヒップ

カモミールはどうだかわからないけど、他のはビタミンCたっぷりでいいと思いません?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。